続き2

ようやく小さい水槽
オトシン1匹とミナミヌマエビ5尾しかいなくなった水槽
いろいろ悩んだ末に、、、
ひとめぼれしてしまった、サンセットドワーフグラミー!
鮮やかなオレンジ色に背びれがブルーで、焼けた夕日を連想させる綺麗な熱帯魚
一匹じゃ寂しいかとペアで購入
a0168837_18362189.jpg

a0168837_1837870.jpg

わかりにくいですが、メスは地味

本当はもう少し大きめの水槽で飼うのが理想的みたいなんですが・・・
隠れたり逃げれるところが多少はあるのでなんとかうまくやってるみたいです^^;
なんで逃げ隠れするところが必要かと言うと、オスが巣を作り始めたら巣に近づけさせないためにメスを追いかける!
ひどいとメスのヒレがなくなったりするらしいです・・・
浮き草を入れたらさっそく巣作りが始まり、メスを追いかけてる・・・
でも、傷をおわすほどではなかったので一安心!
オスが水面で口をパクパクさせ、巣の下あたりで泡をだし
周りにあるモスを引きちぎっては巣作りに励んでる・・・可愛い(笑)

a0168837_18532073.jpg


数日後、巣作りも一段落終え?
メスがオスに近づき、オスのお腹をつついてる
こんな光景を何回かみるようになり、ふと水槽に目をやると・・・ああああ!!オスが丸くなってメスを抱いている!!!
a0168837_19204610.jpg

これは抱いて離れるところ
離れた瞬間!一瞬放心状態だったメスが卵を放卵!
それをオスが一生懸命に口で集めては巣の上でエラ?から放出し巣にせっせと集める一方で
メスはパクパク食べてる・・・
産卵後、1~3日で卵から出てくるらしいが・・・見当たらない・・・今回は失敗か・・・と巣をそのままにしていたら
最初の産卵から一週間、ふと見ると・・・ええええ!また抱きついてる!!あああ卵出た!!!とバタバタ(笑)前回の放卵後に用意しといたサテライトに、網で卵をすくい入れ、巣も移動
絡み合ったモスをほどいていくと、前回の卵であろう白くなった卵がちらほらと・・・
卵も透明でどこにあるのかわかりにくい・・・数日後・・・なんか動いてるのがいる・・産まれてるー!
モスなどが入っててみにくいので、水槽水替えの時にサテライトも掃除
確認できた稚魚は7匹!
ヨークサックで数日いけるが、稚魚用の餌を食べられるようになるまでにはヨークサックだけでは無理らしい
そこで調べたら、PSB水質浄化栄養細菌でいけるらしいとか・・・
毎日PSBと稚魚用餌を入れ二週間、皆元気に成長してます!PSB使える(笑)
見にくいですが^^;
a0168837_20272450.jpg


稚魚用の餌をあげてるんだけど、もっと栄養価の高いほうがいいだろうなと
a0168837_20391529.jpg

もう食べれるかわからないが、とりあえずやってみようと(笑)
温度を保ってエアーが必要・・・考えた結果こうなりました
a0168837_20425528.jpg

しっかり蓋ができて、真ん中からチューブを入れられて温度が一定!
端っこに置いとけば蓋の引っ掛かりで落ちない!(笑)
a0168837_20462562.jpg


大きい水槽あってよかったーーー(笑)
28℃が最適温度らしいが、水槽温度は26℃どれぐらい孵化してくれるか・・・
[PR]

by yanayagi | 2015-02-20 20:54 | 熱帯魚  

<< 寒の戻り 続き >>